みるたびにがっくり、それともうきうき?エンゲージリング


エンゲージリングはサプライズを仕掛けようと相談なく旦那となる人が決める場合もあり、自分の好みかどうかについては時間が経過してみないと冷静に判断できない場合が多いのです。 ダイヤモンドのソリテイアで給料3か月分とまではいかなくても、エンゲージリングについてはかなりの費用をかけるのがまだまだ通常といわれており、せっかくの贈り物なのに、見るたびにテイストの違いを感じてがっくりしている方も多いのではないでしょうか。 みるたびにプロポーズの喜びとともに、欲しかった指輪をプレゼントされた幸せ者でない限り、ため息をついてしまうのも当然です。 せっかくですからしばらく時間を置いてから、サイズが合わないとかなんとか理由をつけてリフォームしてみることをおすすめします。


image

リフォームしたら、旦那が怒りそう?


指輪のサイズが変わったり、年齢に応じてデザインが古くなったりすることは指輪にはつきものです。 旦那様にはうまく言って、好みのデザインに作り替えるのがおすすめです。 うまくやるためには、普段からちょこちょこきちんとエンゲージリングを大事にはめていることを認識させることです。 お気に入りだからこそ長く使いたいということが理解してもらえれば、旦那様も納得してリフォームに賛成してくれるはずです。 まったくつけたことがなく、もったいないからという理由でいきなりリフォームの話を持ち出したり、勝手にデザインを変更したりすれば旦那様が怒るのも無理はないのです。 手元にあるということは縁なのですから、大切につかってあげてこそ価値が生きてくるのです。