エンゲージリングを渡すプランを考えよう!


エンゲージリングを買ってプロポーズしても、残念ながらプロポーズを断られてしまうこともあります。断られてしまうケースにはいくつか理由がありますが、実は渡し方がダメで断って、プロポーズのやり直しを要求されるという例も見られます。では、どうやって渡せばプロポーズ成功率が高くなるのでしょうか。 プロポーズの成功率をあげるために、エンゲージリングを渡すまでにどのように時間を使うかも大切なことです。渡し方を考える場合には、渡す相手の性格を考えて準備するのを忘れてはいけません。食事中なのかデートのラストなのか、シチュエーションに応じて成功率は異なります。また誕生日などの記念日を選ぶかといった渡す日取りも影響するので、しっかりとした準備を忘れてはいけません。


image

流行りのフラッシュモブって何?


何気なく街を歩いていたら、突然音楽が流れだし、周りの人が踊り始めるフラッシュモブという演出が注目を集めています。周りの人が踊りだしたら、最後は自分自身も踊り、ラストでエンゲージリングを渡し、プロポーズします。実は、このフラッシュモブは、海外ではフラッシュモブのプロポーズをサポートするビジネスも存在しています。 このようなサプライズでのプロポーズを計画する場合、渡す相手の性格を考えることが一番大切です。みんなで騒ぐノリが好きな相手なら成功率は、100%に近くなります。その一方で、騒ぐのが苦手な人の場合、恥ずかしさからその場を逃げてしまうかもしれません。相手に合わせたエンゲージリングの渡し方、それが成功への鍵です。